我々が患っている病名が発覚しました!

僕は長年、一般的な人よりも曲がった性癖を持っているなぁと自覚はしていますが、別にそれが弊害となり困った経験が思い当たらないんですよね。

しかし、気になった”あるワード”を目にしたのでブログのネタとして自分が当てはまっているのか試しに調べてみました。

皆さん「窃視症」って知ってました?

これだけ長いこと覗き、盗撮モノを好んでいて僕は最近初めて聞きました(笑)

wikipediaによると、
” 警戒していない見知らぬ人の裸や衣服を脱ぐ行為、または他の人の性行為を見ることに強い性的嗜好を有すること。 ”

” 精神医学的障害の一種である。 ”とも書いてあります。
あっ、僕は精神的な障害を持っていたんですね。気付きませんでした(笑)

Pictophilia:性的な画像やビデオを見ることで性的に興奮すること。

はい、当てはまってますね。

”少なくとも6カ月間にわたり、警戒していない人の裸、衣服を脱ぐ行為、または性行為を行っているのを見るという行為に関する、強烈な性的に興奮する空想、性的衝動、または行動が反復する。 ”

6か月どころか年単位で行動(盗撮作品を鑑賞する)が毎日反復しているのでバッチリ当てはまってます!

そういえば、僕の中で興奮できる線引きがあって、「スカトロ」は苦手なんですが皆さんはどうですか?
あくまでも被写体が警戒していない状態であることが興奮出来る要素であって排泄物自体には興味ないんです。

警戒していない人の裸、衣服を脱ぐ行為 、さらにトイレ盗撮というジャンルでは、
「人として最大の屈辱的な姿」まで勝手に覗いてしまっているというこの状況が僕の中で重要なんですよね。
これは人によると思いますが、僕と同じだと言う方もいるのではないでしょうか。

”その人が性的衝動を行動に移している、またはその性的衝動や空想のために、著しい苦痛または対人関係上の困難が生じている。”

幸いにもインターネットというシチュエーション動画が転がっている素晴らしい環境のおかげで、実際に行動に起こしてしまうことは人生で一度もありませんでした。

著しい苦痛対人関係上の困難に至るほどのことは無いですね。
これは僕の性格上の問題もあるかもしれませんが、ハマっている時は毎日欠かさず鑑賞しているトイレ盗撮モノも、興味が無い時期は1年ぐらい全く見ずにノーマル寄りのジャンルに手を付けることもありますし。

というかトイレ盗撮というジャンルはあまりにもニッチすぎて何年にも渡って継続して見るものがあるほど作品が豊富ではありませんからね。

でも逆にそこが魅力に繋がっているとも考えられますよね。

自分好みの理想の動画に簡単には出会えないレア感。このジャンルでは販売サイトの閉鎖もよくあることで、問題が発覚したことで実質的に限定品になってしまう作品も多いということ。

マニアの間で有名であるのに今では入手困難なモノも存在する、このアングラ感が、「手に入れたい!」というコレクター魂をくすぐられると思いませんか?

えーっと。窃視症の話でしたね。

調べて思ったんですが、結局これって依存症っていう話ですよね?
酒やパチンコなどと同じで、その時の快感や興奮が忘れられなかったとしても自分を見失わないようにしましょうという話でした。

皆さんもいくらトイレ盗撮モノの魅力に魅かれたとしても特定して行動に起こすなどといった一線は超えずに楽しみましょうね。

盗撮映像アーカイブ PEEPING WIKI

おすすめ記事

ぷーさんの人形にストッキングとう〇このコンボが最強!Premier Peep Selection(プレミアピープセレクション)レビュー

てくの塾とは?やらせ?延べ千人以上の女子生徒のトイレを盗撮してきた男

撮影後の姿撮りにこだわった女子トイレ潜入・ザーメン職人さん【Gcolleレビュー】

【期間限定】有名モデルのトイレ(芸能界の闇)ザーメン職人激レアコレクションその1アナル無修正/顔出し版

【期間限定】有名モデルのトイレ(芸能界の闇) ザーメン職人激レアコレクションその1 アナル無修正/顔出し版

2020一作目の淑女シリーズ 全員清楚感満点【美しい日本の未来220】Premier Peep Selection(プレミアピープセレクション)レビュー

可愛いのに5人中3人が大をする信じられない光景 Premier Peep Selection(プレミアピープセレクション)レビュー その1

【和式トイレ】マニアの秘蔵コレクション#4 クラスのアイドル美人女子大生の放尿! ブラックホール並みに拡がる肛門から漏れたオナラ【Gcolleレビュー】

今夏唯一撮れた悶絶シリーズ【美しい日本の未来 No.214】Premier Peep Selection(プレミアピープセレクション)レビュー

トップに戻る